母語だからといって正しい文法で話せているわけではない。

何がキッカケで物事が動くか何て分からないものですね。
その日、私は友人ととある喫茶店でお茶をしていました。
そして、私はとても緊張していたのです。

何故なら、私はこの友人が良い人ではあるのですが、とても苦手だったからです。
その友人は文章を作らずに単語で話したり、言葉の誤用や論理の飛躍が多々あるため、彼の真意を汲み取るのに相当苦労するからです。
そんなわけで、その日も私は深呼吸をして呼吸を整え、額から流れる嫌な脂汗を拭い、その友人との面談(?)に臨んでいました。

「ほんまに何の冗談や」
「分からへん」
「せやろ?」
これは全てその友人が出会い頭に突然放った一言です。
私は思わず、
「は?何が?」
と咄嗟に聞いてしまいました。
その私の一言が友人の逆鱗に触れたらしく、
「「は?」ちゃうやろ!ありえへんからありえへん言ってんねん!」
私はいつものことと頭では理解しつつも、混乱してしまって上手く言葉がでてきません。
友人は続けます。
「クズや」
「だから無理なんやって」

彼が私の服装について話していることに私が気がつくまで15分ほどかかりました。
どうやら彼は冬のこの時期に私が半袖を着ていたことが許せなかったようです。

私はこの友人と話すたびに、自戒の意味を込めて、日本人でも正しい日本語の文法を勉強する必要はあることを改めて深く胸に刻んでいます。http://www.mobileappsinaflash.com/souryokisei-cardloan.html