バラの花で癒された心はほんとに地味で落ち着いている

近くに住む彼の母親が急にプレイに来てくれました。傍らでもお互いに忙しくどうにも会えないのですが、ちょくちょく時間ができると声を掛けて頂ける。そのお記念にバラの花を持ってきてくれたのです。オレンジカラーの全然エネルギーが出そうなバラでした。「いただいた一品なんだけど、あたしは花より団子だから」と母親は笑っていましたが、あたしはまったく嬉しかったです。お花は好物でたえず花瓶にさしておきたいと思っているのですが、実に買えないからだ。さっそく花瓶に生けて、甚だ上機嫌になりました。あたしがスタートしたときに、ふと望ましい瓶に入ったお酒を見つけました。彼の父がお酒を呑むので、何かのときに渡そうと買っておいたのです。それを譲り渡しました。すると母親は相当喜んでくれました。スタートしたときにも父のことを気にかけてくれていたことが嬉しいと言ってくれました。額で言うと単なるものですが、さりげない贈り物はこれほどまでに内面を穏やかにしてくれるのかとじみじみ感じた異変でした。お金借りる 即日融資 審査